*間取りのこと〜ロフト・小屋裏収納〜*

*間取りのこと〜ロフト・小屋裏収納〜*
我が家の間取り、今日はロフトと小屋裏収納の部分を紹介します♫

ロフトと小屋裏収納、作るのにどれくらいかかるの??


家の標準仕様が、ロフトか小屋裏収納どちらか1つです♫

数を増やす場合は一か所15万円とのこと(>_<)

 

荷物が多いのにあまり収納が取れていませんので、普段は全く使わない荷物をしまう場所、小屋裏収納を付けようと思いました(*^o^*)

 

ロフトはどうする??


家族に相談すると、兄が自分の部屋にロフトを付けたいとのこと。ロフトが憧れだったそうです。

ロフトを趣味の部屋にしたいそうです(*^_^*)

追加発生する費用も出すとの事でしたので、ロフトを1つ追加♫

ロフトが出来ること、ものすごく喜んでいました♬

兄はロフトにアクセントクロスを貼るそうです。お気に入りの空間にしたいそうです。

ロフトにこもってしまってなかなかリビングに下りて来ないかもです(+o+)


あれこれ考えて私の部屋にもロフトを付けたくなってきました。

私も色々な荷物が多いので、部屋とロフト両方に分別して、それぞれをすっきりさせたい。という狙い、そして小さな書斎として私だけの空間を手に入れたいです♫


ロフトのデメリットは?


・ロフトの高さ制限

建築基準法で高さ1400以下であれば階数に算入しなくてもいい事になっていますので、ロフトで取れる天井高さは最高1400になります。

たとえば・・2階建の家で、ロフトを階として算入されてしまうと、それで3階建の家となり、法規制や税金の面で不利になるそうです(>_<)


天井が低いのでストレス(>_<)

最大の高さが1400なので、低い所はもっと低いのです。ですので天井に頭をぶつけないように、中腰でいないといけません。。私は腰痛持ちなので、かなりのストレスです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾



屋根が近いので、暑い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

部屋の高さも、ロフトに向かって勾配天井になるので、空間も広くなります。

そして、屋根も近くなるので暑いそうです((+_+))

電気屋さんに6畳の部屋でも8〜10畳用のクーラーを購入した方がいいと言われました(>_<)



ハシゴなので荷物を運べない。。

標準仕様がハシゴですので、上る時両手がふさがります。

ですので、荷物を運ぶ作業が大変です。いつか余裕ができたら、小さな階段を作りたいと考えています。兄もいつかは階段を付けるそうです(*^_^*)



私にとってのデメリットはこれくらいかな。と思います(>_<)

ですが、私だけの空間として、廃墟とならないように居心地の良い場所になるように工夫をしたいと思います‼︎

スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)