*ショールームに行きます♬~UB編~*

*ショールームに行きます♬~UB編~*

浴室を案内してもらいました(^^♪


次は浴室を見ました。我が家のユニットバス(UB)は1616(1坪)タイプです♬

ですので、広さ(内寸)は約1600ミリ×1600ミリです。今のお風呂がものすごく狭いので嬉しいです(^_-)-☆

 

ユニットバス(UB)とは??


ユニットバスとは、あらかじめ工場で作られた天井・壁・床・浴槽・ドア・シャワーなどの部材を現場で組み立てていくタイプのお風呂です。

ですので、タイルなどを1枚1枚貼っていって作っていく在来工法と違って、短時間で施工が可能なのです。

UBはパナソニックのオフローラというUBが標準の仕様です(^_-)-☆

 

追い炊きが嬉しいです(*^-^*)♬


現在のマンションは追い炊きができません。

ですので皆、仕事から帰ってくる時間がバラバラなので、湯船のお湯が冷めてしまっていて、湯船で暖まろうとすると熱いお湯を足していかないといけません。水道代がもったいないので冬もシャワーだけになってしまいます。ですが、なかなか体が温まらないので、ずっとシャワーを出し続ける状態でした。

新しい家では追い炊き機能があるので、湯船で温まることができます。浴槽もエスライン浴槽という浴槽で、浴槽内ベンチなので半身浴ができ、長湯ができます。ですのできっと、ゆっくり毎日の疲れを癒してくれます(*^-^*)

 

壁柄はどうする??


壁柄は1面アクセントパネルです。色はグレーで横ラインのあるグレーランダムライン柄というものにしました。

いろいろと種類がありすぎてすごく迷ったのですが、あまり濃い色はお風呂が狭く見えると嫌だなということになり、なるべく白に近い色にしました。白は部屋などを広く見せる効果があるからです♬

それに合わせて、浴槽をホワイト、床はグレーにしました。

 

オプションを追加(^_-)-☆


標準のもので特にオプションをつけなくていいかなと思っていたのですが・・・

今回、オプションで節水シャワーを付けました♬

節水シャワーは使う時だけ水を出せるので、節約になります(^^♪

それと保温浴槽を付けました。

保温浴槽にすることで、お湯が冷めにくいそうです。ですので、追い炊きをする頻度が減ると、これもまた節約になります(^^♪

 

初期投資は必要となりますが、毎日のことを考えるとコツコツ節約になるので、ここはお金を使おうと思います(>_<)

私はいつも水の節約のために、カラスの行水でしたので、新しい家になったら、半身浴をして心身ともに健康になりたいと思います(*^-^*)♬

スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)