*外壁サイディングの貼り分け方②*

*外壁サイディングの貼り分け方②*

貼り分け方が決まりました(#^.^#)


コーディネーターさんがお願いしてくださって15平米オーバーでしたけど、金額アップ無しでやってくれるとの事。良かったです*\(^o^)/*

 

だけど、よく見てみると気に入らない部分が発生…

 

サッシ窓のラインでサイディングが貼り分けてあります。

コーディネーターが言うには、この貼り方が一般的らしくて、サッシの両側には貼らないそうなんです。

サイディングの色が途切れてしまうので、私はそれが嫌と伝えました。


サッシ窓の両側にも貼ると、釘やコーキングの量が増えて、見た目に不細工という事と、改修工事をするときに改修費用が高くなるかも、との事でした。


コーディネーターさんが言ってることもわかるのですが、それでもアクセントのサイディングが繋がっているように見えて欲しくて、サッシ窓の横にもアクセントのサイディングを貼ってもらうようにお願いしました。

 

これによりまた、高い方のサイディングの面積が増えるのですが、コーディネーターさんから何も言われなかったので大丈夫かと思います。良かったです^_^

 

見切り部材のはなし


実はアクセントサイディングの両側に見切りで化粧柱も検討していました。

ですが、外壁は可愛い系ではなくてどちらかというとシンプルでかっこいい感じが良かったので、提案に入っていたパナソニックの10㎝位の化粧柱ではなくて、3㎝位の細いアルミの見切り材とかが良かったんです。

 

サイディングの両側設置1箇所で28000円でしたので、2箇所で56000円。

この柱よりも、定価が随分安いアルミの見切り。金額も56000円よりかなり安いはず。と思っていたのですが、出てきた金額が驚きの134000円(>_<)

 

即コーディネーターさんに、メールをしました。定価が5500円の部材でしたが見積金額は合っているのでしょうか。一度ご確認お願いします。と。


だって1本3mの部材で10本あれば十分なので、定価で、55000円。工事手間など掛かっても、134000円もいくはずがないと思います。

 

ですが、返ってきた返信メールの内容が、違うメーカーですのでどうしても高くなってしまいます。との事でした。


金額は合っていたみたいです。信じられません。。。

こんなに高いんだったらいいや。と残念ですが、仕方がないのでやめることにしました。

 


本当は、サイディング同士の厚みも違うので、見切り材を入れた方が収まりも綺麗なのですが、予算の都合上仕方がありません(+o+)

 


他の所にお金を使いたいと思います*\(^o^)/*

スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)